読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ぐだぐだと思ったことを思ったままに

少年たち

恐らくDVDになると思うので(信じているので)細かい内容はすっ飛ばしてあらすじと感想と佐久間くん愛でる文章を。


トランピーのトランペットから始まる少年たち2015in日生劇場
とりあえず佐久間くんのダンスは指先まで綺麗でとても美しい。ほんっとにコロコロ表情が変わっていて他の人そんなにじっくり見たわけじゃないけど表情演技だったらたぶん佐久間くんが一番上手(もんぺ)

わたしは2010年のえびきす少年たちしか知らないので(DVDだけど)それとの比較が多くなることをご了承ください。


橋本と藤ヶ谷みたいな関係性なのがジェシーと岩本なのかな?お前のせいで!って岩本が言ったりするから橋本が岩本なのかな?

大吾がおじいちゃんになってみたり。

新入りは大我なので戸塚役かな。孤児院で親を悪く言われ顔も見たことない親なのに何故かカッとなって悪く言った相手を殴った。両親が俺を捨てたのにも何か訳があったんだよ。

ちなみにブランコではなくベンチです。
何故ここにきたのか〜この僕に〜聞くのかい〜♫

樹と高地は高層マンション専用の空き巣?的な。タッグを組んでたとかなんとか。

ナイフで刺したのは誰だったっけ。佐久間くんかな?

阿部ちゃんは頭がきれすぎて他が付いてこられなかった。

深澤さんは妹関連だったっけ?いや違うよな…?

まともなのか!
この台詞は相変わらず残ってたよ〜!

渡辺は人を殺した(理由は言わない、俺は人を殺した。だけ)
宮舘は親父を殴った。

岩本はお前らには関係ねぇだろ!


楽器キターーーー!!
ふっかちゃんがキーボ。びっくりするほど簡単なキーボ。左手は基本弾いてない。右手は基本1音。それでも弾いてる風を装ってるふっかちゃん凄い。(褒めてる)
途中楽器Jr.に渡してアクロするんだよね!(確か)
Jr.にギターかけてもらってる佐久間くん可愛すぎた////
足上げもよく見たなぁ…宮ちゃんもやるんだよね。
佐久間くん右目しかウインクしないけど左目では出来ないのかな?可愛いね?

もともとジェシーと岩本なバンド組んでたんだけど岩本の母親の容体がよくなくお金が必要。お金のために練習せずに悪い仲間とつるんでる。それをジェシーが警察に報告。警察が岩本連行。その時の暴力が原因でジェシー捕まる。
ただここ皆さん言ってるのだけど悪い仲間とつるんでただけで捕まる訳ないしやっぱり何かしちゃったのかな岩本さん。あと岩本が連行されていく時ジェシー手出してないし(やめろってかばってはいたと思うけど)どちらかというと警察の方が暴力的だった印象なのにどうして捕まっちゃったんだろ。

正座の本持ってる阿部。
アニメ大字典(佐久間くんが間違えて字って書いちゃってるんだよ)持ってでてくる佐久間。大吾入れてラブライブ!踊ったりなんかしたりアドリブやってるところ!

深澤と北斗は実は本物の兄弟だった!!
まじか兄弟で前科者か。

ゆり組さん(だてなべ)の給食!ゆり組さんほんとに可愛いでもお椅子の上に立ったら危ないから駄目だよ(>_<)!

西畑がdiary開いて床からしくとんでてくる。

闇を突き抜けては上裸です!
岩本のベッドの下からハサミが見つかった。
上裸のまま看守たちにボコボコにされてうずくまる佐久間くんの三角筋?肩の筋肉が素敵すぎて綺麗すぎて汗とともに美しすぎて見とれる。ほんとに好き。
岩本支えて捌ける佐久間。

深澤と北斗の父親が危篤、でも手続きとかなんとかのせいで外出許可は認められない、と看守長。
これは2010と同じく嘘なのだけど。これが原因で脱獄を考えるようになる。

岩本とジェシーはふたりで危険満載のボイラー室の整備だったか掃除だったかを。
お前のせいでおふくろの俺の最後の思い出は捕まったこと。死に目にも会えてない。おふくろに謝れ!と岩本。
ライバル
最後床空いてそこ挟んで歌うから何事かと思いきや光と煙出てくる。わおびっくり。

父のためにどうにかして外に出たいと深澤北斗。
外に出られる方法はあると思う脱獄しよう!と大我。
脱獄ルートがある!と阿部。
いやいや大我ルートわからないまま脱獄しようって言ったんかーい。
ここで一幕終了。


とてもトンチキでしょ?
じゃにわってるでしょ?
しかも二幕1時間しか無くてそのうち20分はShowTimeなの。あと40分しかないの。それでまだ脱獄計画立てたところまでしか行ってないの。無理だよねこれ?って幕間でぱにくるぱにくる。
まぁいいや、思ったことは後にまとめるとしてとりあえず二幕。



ジェシーが本国に強制送還されると看守長。連れて行かれるジェシー
ジェシーは捕まる時岩本と同じ刑務所に行くか本国で戦争に出る人?になるかの2択を迫られ前者を選択、本国に帰らなくていいはずだった。(これ一幕で言ってたっけ二幕だっけ?←)

岩本はジェシーを助けるために単独行動を取りたいと、大我はそれについていきたいと。まぁ最初阿部ちゃんが脱獄計画の中の役割分担した時から2人入ってなかったから問題なく別行動。
看守からキーを奪うのもブレーカー落とすのも看守やっつけるのも成功したところで看守長に見つかる。戦うが負ける。
ジェシーは岩本大我の言葉も虚しく本国へ。

こうして脱獄計画は失敗に終わった。

失敗に終わった


失敗に終わった?!!!!
ドリボがボクシングのお話であるように少年たちって脱獄のお話じゃなかったっけ?!!あっさり失敗しちゃったよ!!いいの?こんなんでいいの?!少年たち?!!!まだ外にも出てないよ?ブレーカー落としたところくらいまでしか行ってないよ???


西畑は笛吹かなかったのでクビ。向井が看守長クビの紙を持ってくる。西畑は向井に拳銃と帽子を渡す。

看守長が居なくなったことで刑期が短くなった11人。出所。
ここで、あざっした!する佐久間くんがかわいすぎてかわいすぎて他の人見てないから比較はできないんだけど佐久間くん一番かわいい。(もんぺ)
ここで新看守長!って言われるのは西畑。お前らが寂しくなって戻ってきたらあかんからサヨナラは言わへんでみたいな。いや、西畑クビになった…よね?あれ?いやでも野澤もそうだったからこれは西畑クビ→看守長クビ→西畑復活が隠れてるんだろうな。

ジェシーは本国に強制送還されて訓練をして戦地に行っていた。
看守を辞めた向井は戦場カメラマンになっていた。今日は久しぶりに11人を集合させていた。戦場カメラマンとして行った場所で向井はジェシーに出会う。ジェシーは食料管理ラインだったから責められることはないと思っていた。だから取材の許可も降りたんだ。そんなことを言いながらビデオ(実際はジェシーが演じてる)を11人に見せる。
ジェシーの戦う姿。優しかったジェシーが発砲してる。仲間を助けようと思ったのか石段?(戸塚が死んだあのレンガ風のやつ)の上に上がる。撃たれる。ここでまさかのワイヤーではなくクレーン的な台に乗ってたみたいでゆっくりとそこに寝転がる。クレーン下がる。地面にたどり着く。まだ意識はあるから向井が駆け寄る。お前は俺の姿を撮れ!で撮影。ジェシー最後の言葉 何でもない日々が幸せだった 的な。死ぬ。11人泣く。遺骨もなく最後に残ったのはこれだけだったと向井がネックレスを出す。
あいつが死んだ朝

あれから10年。
岩本は2児のパパ。あのネックレス持って 何でもない日々が幸せなんだよな。

本編終わり!ShowTime!
何言っても始まらないからとりあえずST感想をば。

ダンス!
さくぴーすしたりにこにーしたり可愛いが過ぎる佐久間くん。
ZIG ZAG LOVE
SnowManになって初めてのオリ曲(;_;)
今できるアクロ全部詰め込みました!って感じで飛ぶわ回るわついていけないくらい。
もう、ほんとにかっこよすぎて泣くしかわいすぎて泣く。

でいぶれの振り返らず目指そう〜♫のところのさくちゃんかわいい(;_;)(;_;)♡♡♡

WBT
佐久間くん一番おててが動く(;_;) お隣の宮ちゃんもなかなか動く(;_;) 歌詞通りに動いちゃうんだね(;_;)手を振りのところ1人だけ大きく手を振っちゃうんだね可愛い(;_;)(;_;)(;_;)

そんな感じで三方礼して終わりです。
あ、三方礼の時のというかST最後の衣装の白スーツ、SnowManではふっかと翔太がジャケットの下ボタンまで閉めてるんだよね。B型。あの衣装がどうかは知らんが男性物のスーツで言うと普通下のボタンは閉めないからちょっとSnowMan全員分確かめてしまった。




10人が12人になっただけで個々の背景も刑務所入った理由も一言で済ませるほどになってしまうのはなんだかなぁとは思ったかな。あと2010より看守の出番が多くてさすが関西から連れてきてるって感じなだけはある。一応主演はとすの表記だもんね。
3人の演技は今回初めて見たからどうとか言える立場じゃないけれど大吾はやっぱりNHKにも出てたしSHOCKも出てたし演技力が半端じゃなかった。双眼鏡で見たらお顔は可愛いままなのに経験値高すぎて焦る。龍太は年齢がモノを言ってる気はしたかな。設定的に独房も厳しい体罰的なのも無かったから 狂った看守長 を演じるのは難しかった部分もあるだろうけどニヒルな笑いというかなんというかはぞくっとしたし西畑向井が関西弁の中標準語だったのもあったのかなぁ。向井はね、やってやるって気持ちがものすごく伝わってきてもしかしたらわたしだけかもしれないけれど金内の影を見てしまった気がした。彼なりに背負ってるものはたぶんとても大きくて毎公演爪痕残したるって気迫みたいなのが感じられた気がしたなぁ。

関西がいたからと言うつもりはないけれど2010よりずっと端折られてる部分が多くて最後にとってつけたように戦争関連入れてきたから12人になったことも相まって余計にじゃにわってた感じ。あ、ここで言ってる じゃにわってる とはやりたいことたくさん詰め込みすぎてストーリーがよくわからなくなっちゃってることね。戦争の部分は恐らく上からの指示なんだろうなぁとは思うけど。戸塚みたいに文章書ける人が居たらもう少し変わってたのかなぁ、なんて。西畑がdiary持ってるのだってなんで看守が?って感じだしそれを床に広げて…ってところは関連性が何もないまま床に広げてる。何か俺に手伝えることはないかなぁ…って言ってたかな。あと素朴な疑問だけどなんで向井西畑は関西弁貫き通したのかってのと(看守長標準語で看守2人関西弁で受刑者標準語とかなんだかカオスだった気がした)出所するときは西畑に新看守長!って言ってるのに戦場カメラマン向井に会ったときは向井に看守長!って言ってたから野澤(2010)が2人?ってなった。あとは舞台上に12人プラス3人プラス8人で23人もいるからだいぶごちゃごちゃしてる。看守8人も必要だったかなぁ…

それぞれの背景だとかなんだとか妄想掻き立たせてくれるのはありがたいけどやはり舞台として物語を成立させると考えたらもう少しそこは詰めたいところ。

そして詰めたいと言えば口パクね。せめて歌詞通りには動かそうよ。そしてもうちょっと力んで?息吐いてないでしょなんなら吸ってるでしょ?ってくらい口パクに文句言いたい。その点大我はお見事。エリザの力というかなんというかやはり外部経験者は違うなぁと。とくに比較されるWキャストをやってのけた人だからそれはもう素晴らしかったですよ。佐久間くんもでもお歌うまくなってた気がしたよ!!まぁでも ん? って歌声も聞こえたりもしたしそもそも演技が大丈夫?って人もいた気がしたしやはり内部の舞台だなぁというのはひしひしと。仕方のないことだけどその言葉で済ませたくない。恐らくこのメンバーでやるのはこれが最初で最後だから千秋楽までにはまた少し変化があればいいなぁと思ったりはしてる。

あとどうにもこうにもライバル関係に見えないのは年齢が関係してるのかもなぁと。入所日も関係してるかな?とか考えてえびきすとすのすとの誕生日と入所日順にまとめたものを作ってみました。(こういうところがデータのゆうかちゃんと呼ばれる所以なのか←)
f:id:tmmrytyt:20150914023919p:image

すっごくわかりやすい。誕生日はすのの最年少の下にしくとんの最年長。入所はひかるが遅いから噛んでるけれども。しくとんがすのをお手本にだとか先輩としてだとか言ってるあたりからすでにもうライバル関係になんてなくて先輩後輩なんだなぁと。色々意見とかは言い合えてるんだろうけど(しくとんにバシバシ言いそうな子ちらほらいるしね)えびきすのようにはなれない根本的な理由は恐らくここかと。ただしくとんが歌に長けてて(特にきょもじぇし)すのがダンスに長けててそういう風にお互いに違う得意分野があるのはいいなぁと思った!

最初5日に観た時は これは増やさなくていいねぇ って話してたのに結局19も増やして26もたぶん探すんだろうなぁ…じゃにわってる舞台の怖いところは2度目以降物語に慣れたらトンチキなんてどうでもよくなってただひたすらに可愛くてかっこいい自担を眺めてるだけで満足できるようになってくるところだから(物語に集中しなくていい分じっくりと自担を堪能できる)ほんとにタチが悪い。今回は岩本ジェシー京本がメインだから佐久間くんの見せ場と言ったらHBCとZZLと上裸時の三角筋くらいではあるのだけどちょこちょこ可愛さ倍増の小芸挟んでくるしアドリブ部分は見たいと思っちゃうしやっぱり何と言っても最後の三方礼を1列目でやってるところ見たら通いたくなっちゃうんだよなぁ。諸先輩方からすればわたしの4回5回観劇なんて片手で数えられるほどの観劇なんて鼻で笑うくらいかもしれないけれどわたしにとってはとても多い回数になるんだもんなぁ。
まだ観劇は少なくとも2回は残っていてまだまだ思うこと感じることはたくさんあると思うから全部の観劇が終わった頃にまた書きます。その頃には佐久間くん好きになって1年が経つ頃だしね。今までのはちがつだとかにがつだとかと同じように長文書いてみようと思ってます。
もしかしたらその前あたりにお知らせ的なことするかもしれません。今更って感じだけどね、うん。











んー、憶測でしかないのだけどこの前終わってから話していたこと。
たぶん今回のオリ曲ってすごく試されてると思うの。SnowManにもSixTONESにもそれぞれ与えられて振付も自分たちでしたんだろうなぁって感じで。だからこそSnowManは今できるアクロ全部詰め込んだんだろうけどそれでよかったのかなぁとも思ったりして。あんなに飛び回るのは今しかできないことかもしれないけれどただ跳び回ればいいってもんでもないと思ってしまったりもした。観る側が付いていけないほどに動き回るのはそりゃ圧倒感が凄いし絶賛したくもなるけれどその分 詰め込みました! 感もすごくて。単純な動きだけどフォーメーションで魅せるしくとんのほうが綺麗だなぁと思ってしまう瞬間があったことも事実で、何が正解かはわからないからこそ難しいんだけど1人のオタクの感想です。