読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ぐだぐだと思ったことを思ったままに

REPAIR~アナタの人生、修理(リペア)しませんか?~

行ってきましたふぉ~ゆ~兄さん主演のREPAIR!


f:id:tmmrytyt:20160105180328j:image


元々行きたい気持ちはあったけどチケットどなたかから調達して取引して足を運ぶほどではないかとあきらめていたこの舞台でしたがご縁があって足を運んできました。

なんだかんだで生のふぉゆさん初めてだったりするかもしれないです。

基本的に辰巳メインで観ていたのでそんな感じの感想です。

わたしはお察しのとおり羅針盤は観ていない人間なのでとてもふわふわとしたものしか書けませんが…

 

 

まずは4人が順に出てきてダンス。バックでガシガシ踊ってるのもっと見たいと思えるようなものでした。今度きんきこん行きたい。

REAIRの幕が降ろされ物語がスタートします。

 

舞台は峠の途中にあるリペアガレージ榊。下手側に車が1台、空車のガレージ?(外との出入り可っぽい)、真中奥にリペアガレージの正面入口、右に簡単な物置と2階の事務所へ続く階段。

オーナー(おやっさん)の松川さん、住み込みで働いているみくちゃん、松川さんの旧友の安田、ふぉ~ゆ~の4人の計7人で構成されているこの舞台。

 

まず、おやっさんがいつものように起きてきて仕事前の清掃するところから始まる。

ふき掃除をしようとバケツに水を入れているところで車からこっしー登場。なんでも車が動かずおやっさんに修理見積もりをしてもらったが払える金額ではなかったので車を持って帰ろうとしたら見積料30万と言われ無茶だと、払えないと講義をしている模様。しかしガレージに貼ってある紙には見積有料と書いてありおやっさんも引かない。ならばここに座りこむとこっしーが座り込むと先ほどためていた水をこっしーにぶちまけるおやっさん。ずぶぬれになるこっしー。

そんなところにケガをしているヤンキー姿の辰巳が入ってくる。辰巳とおやっさんは知り合いらしい。スーツ姿の福ちゃんも入ってきて、近くで事故を起こしたとのこと。みくちゃんが福ちゃんの車に乗っていてけがをしてしまったので手当をする。辰巳はみくちゃんのことが好きらしく、福ちゃんが強引にみくちゃんを車に乗せたと言っているが福ちゃんはみくちゃんのほうから乗せてくれと頼まれたと言う。そんなこんなで喧嘩をしているとサイレンの音が聞こえ警官ザキが登場。ザキに見つかったらいけないらしく辰巳はこっしーの車に隠れみくちゃんも寝ている上から布をかぶせ隠す。辰巳はここら辺でも有名な走り屋のリーダーで警察も目を光らせているようで、撤収していなかった事故車を見つけられ辰巳のものだとばれ、逃げ込む先はココだと聞き込みに来たらしいが見つけられず退散。ここでこっしーが上手物置で生着替え。さっきの水で濡れてたからね。そうそう、この前にそういえば見積料払えないしでも車は父の形見だからおいていけないってことでここで働かせてくださいしてたんだった。そんで使える人材か見るって言われていた。だからおやっさんが用意してくれたつなぎにお着替え。それがね、いったんぱんいちになってから着替えるの。まあつなぎだからそうなるんだけど。で!そのお背中が拝見できちゃうわけで!!!!こっしーいいカラダしてた///// 意外と腰回りにお肉がついててでもいつぞやの某藤ヶ谷さんみたいに浮輪になっているわけでもなくいい感じにおにくが付いていてわたしドンピシャのカラダすぎて焦ったしかもお席も上手側だったから何とも…!!!!

ちなみにおぱんつは赤ふちにグレーの細かいボーダーでした。

で、こっしーの車にピストルがあったって話で、そこまでの細かい下り忘れちゃったんだけど、とにかくみくちゃん看護しなきゃってのとか福ちゃんは誰なんだって話をして福ちゃんはおやっさんの弟子になりたいって言ってきた人で、なんだかんだそんなことを話してる中でこっしーがなんかの話をうろうろしながらしてて、自分の車に手突っ込んだ時にひぇっって言ってそしたら辰巳が出てきてほんとに辰巳の存在忘れるくらい辰巳車に隠れてた。で、そこらへんでピストル見つかって、でもこれは古いやつで、なんかおやっさんを狙ってる人がいるって話でその人がわざとおいていったんじゃないかって、引き金引いたら爆発するやつなんじゃないかって話でなんかワーワー言ってて。とりあえずヤンキーの辰巳がかっこよくてかっこよくて髪切ったのかな?あと染めた?で、前髪とさかチックにしててイメージなんか全然違ってとてもとてもかっこよくて。みくちゃん元気になるんだけどどうやら喋れない子みたいで。でも笑顔が素敵でかわいらしい女の子で。

で、福ちゃんも弟子になりたいって言って入ってきたわけでさすがにおやっさんも2人同時には採用できないってもんでどちらか使えるほうを採用するって見習い期間を用意して。福ちゃんはシャネルのつなぎを持参して。

おやっさんはF3000のメカニックだったって話で、なんかF1?みたいなレースのお話らしくて。で、辰巳はその運転手?になりたかったらしいけどなれなくて走り屋をやっている。ただ、その走り屋も今は抜けてるって言ってたけどリーダーだったしみんなが納得していなくで、辰巳が辞めてからそのグループはさらに荒れるようになっていて。このリペアガレージの前も大きな音たてて走っていて。

そんな中でおやっさんの旧友の安田さんがやってきてこの人はおやっさんの味方のような敵のような人で、仕事上の付き合いしかしないから敵になるときは敵だみたいな感じで。その人が、今北友会っていう暴力団がおやっさんを狙っててそれが辰巳の走り屋の仲間が絡んでるなんて言うもんで辰巳と言い合いになったりしていて。

そしたらもう一回ザキがやってきて今度は隠れられなくて辰巳見つかって。車のことを聞かれたから、前日から盗難にあってるっていって、その証拠は?って聞かれて絞り出した答えが

おれんちのガレージに車がない!

って。おやっさんのほう見たらおやっさんもグーサインしてるもんだから

おれんちのガレージに車がない!

ってまた嬉しそうにザキにいってほんとにおばか可愛すぎる。しかも辰巳の役名が大介なの。あああああああ佐久間さん←

 

で、いつだったか福ちゃんが連れ出してたみくちゃんがボロボロのつなぎからお洋服買ってもらって着替えて帰ってきて、全身赤でコーディネートされてて。辰巳かわいいかわいいって寄って自分の靴が赤だからおそろい♡なんて言ったりして。ほんとかわいい。

ここでザキとみくちゃんが対面しちゃうんだけどザキがフリーズしてて。実はみくちゃんはザキの妹らしく。おやっさんがまだサーキットでお仕事してた時の運転手?さんがザキとみくちゃんのパパだったみたいでサーキットでエンジン爆発してパパがもうレーサーとしてやっていけなくなって台無しになったからおやっさんを恨んでるはずなのにって、その事故が原因でみくちゃん声が出なくなったから声を奪った張本人でもあるのにって。ザキはみくちゃんを連れて帰ろうとするも、おやっさんもみくちゃんをザキのもとに返そうとするもみくちゃんは帰らなくて。

そんなおやっさんの過去を知ってたからか走り屋のリーダー辰巳はポリシーは持ってて、暴走族とは関わることはなかったのだけど。辰巳が抜けてから北友会と関わり始めてると言う安田さん。


こっしーのパパの話になって、裕福ではない過程で、離婚もしてて。この車はとても大きな買い物で、最後まで大事にしていたもの。他人から見たら動かない車を所有するなんて馬鹿げたことかも知れないけれどそれが一番大切で、生きている意味そのものだったって。


ザキはパパが事故にあって、サーキットの外でもスピードを出して危険なことをしている人はたくさんいるから、それを取り締まれる白バイ隊員になると決めてなったけれど、スピードの魔力に取り憑かれて。

この前にザキがスピード違反してる辰巳の仲間たちのバイク追いかけて怪我をして、だけど辰巳の仲間たちは救急車とかを呼ぶこともなくザキをリペアガレージ榊に運んできて。ザキ自身も追いかけている時のスピードに酔いしれているところがあったって、そう言ってて。


で、肝心なところ忘れたんだけど、なんでだったか外に停めてた福ちゃんの車が爆発して。みんなで慌てて外出ようとしたところでみくちゃんが叫ぼうとして。そしたら声が出て。ショック療法ってやつ。パパが炎に包まれるところを目の当たりにしてたから今でも思い出すみたいで。なんだかんだなだめて、そしたらおやっさんにパパから伝言を預かっていると言って。

お前はサーキットから離れるな、と。

実はおやっさん、毎月パパに100万円送っていたらしくて、それを15年。100万円が12ヶ月が15年?!って辰巳キャパオーバーして俺には分からねぇけどさ!って真剣なんだけどやっぱりおばかが可愛くて。でもそのお金は全然手をつけられていなくてそれをそのまま返すとみくちゃんが言い始めて。

どこだったか忘れたけどこのだいぶ前に福ちゃんの正体明かす場面があって、実はサーキットの方では有名な会社の社員らしく、メカニックとしておやっさんを説得して仲間にするまで帰って来るなって言われてて、おやっさんを探しに来てて。おやっさんがサーキットに戻る気になったから会社に電話をかけたんだけど、そんな冗談まだ本気にしてたのか無断欠席扱いでクビだ、と言われたらしく。

それならこのメンバーでチームを作ればいいじゃないかってなって。あ、この時もう安田さんはいなくて、北友会のボスがおやっさんに手を出すのをなぜか制止していたのだけどボスが亡くなったので今夜あたりにここを出て行かないと危険だと言い残して去って行ってて。

どんな流れだったか、辰巳演じる大介は本当にバカで、でもだからこそストレートで全力で。そんな感じでみくちゃんに想いを告げるんだけどいつまでもお友達で、なんて言われちゃって。

そんなこんなでチームおやっさんの完成で、まずはここから逃げること。だけど福ちゃんの車は燃えてるし、こっしーの車を使うしかなくて。あーそうそう、この前におやっさんがこっしーにこの車は7.8万でしか売れないって言ってて、安田さんが鑑定してたらしいのだけど。車に詳しい福ちゃんいわく、この車はとても有名なメーカーのもので買うと200万だったか2000万だったかなんかそんなくらいするってやつで、でもおやっさんはエンジンの付いている位置が違うって言ってこれはレプリカだと言って。安田さんが持ってきた鑑定結果だったか何だかだったかはとても高いお値段で。おやっさんはくすねようとしていたらしくて。それも結局は毎月の100万の為だったのだけども。なんかそのシリーズの試作品で出回っているものは後ろにエンジンがあるのだけど試作品は前にエンジンが付いていてとかなんとかそんな話で試作品は世の中に数台しかないからとても価値のあるものだったってなってこっしーのパパも馬鹿げたことしてたわけじゃないんだってなって。で、逃げなきゃいけないんだけどこの車しか残ってなくて。だけどこれは今の段階ではうんともすんとも言わなくて。ただ全員で力を合わせれば今夜までに動くまでにはなるかもしれないと、全員が作業し始めるんだけども。

ここで辰巳福ちゃんザキがリペアガレージ榊のつなぎに生着替え。ここ、辰巳のぱんつしか見てなかったから他よくわからないんだけど黒地に赤のうねうねというかくねくねというかなんとかそういう柄のぱんつで、 一緒の赤 で、ここ聞くところによると毎回らしくておぱんつもお衣装なんだろうなぁとも思って。ザキがトランクスだった?って話もしてたんだけど見てないもんで確認できず。あ、こっしーと辰巳はボクサーです。


でも、5人乗りの車に対してふぉゆ4人とおやっさんとみくちゃん6人いて、定員オーバーなるんだけど辰巳の原付があって。ザキが 俺が乗ればどんなバイクも白バイになる! って言うとみくちゃんが お兄ちゃんかっこいい! って。微笑ましいわ。


修理してる最中にリペアガレージが囲まれて、北友会仲間だって、それが辰巳がリーダーやってた走り屋の人たちで、辰巳が話つけてくるって、俺が袋叩きにでもなればあいつらも許してくれるだろって、出て行こうとしたけどみんな止めて、最後くらい見せ場くれよって出て行こうとしたら大介さん!ってみくちゃんが、止めるな!って辰巳が言うと頑張ってねってみくちゃん。はい。って辰巳。かわいいの極み。

結局すぐ、あいつら北友会に落ちてなかった、ただ偵察してただけだったって、辰巳は永遠に心のリーダーですって言われたって言って戻ってきて。北友会の勢力範囲外に出るまで護衛してくれるとまで言ってくれて。ザキの件も救急車も呼ばず放置したんじゃなくて、警官がそんなことになったってバレると危ないだろうから手当に安心できるリペアガレージに運んだんだって言ってたらしくて。そんなんで急げ急げって修理終えて誰が乗るんだって、やっぱりこっしーだろってんで乗るもエンジンがかからなくて。気合だ!とか言って気合入れたらエンジンかかって、5人乗り込んでザキは原付乗って幕はおりました。



年末に観た舞台を年開けるまで書き終えられなかったので特に後半は曖昧ですが。間違っているところ多々あると思いますがお許しください。大体の流れはこんな感じでした。


ふぉ〜ゆ〜の主演舞台ということでまた内部みたいな感じなんだろうなぁと思っていたけど、7人で転換もなく作る舞台は完全に外部のようなものとは言えないけれどだいぶ外部寄りのようで、素敵でした。みくちゃん役の女の子の声が通ること通ること。本当に最後の最後しか喋らないから余計にレア感なんだけどとても綺麗な声で好きでした。

ふぉ〜ゆ〜の4人は経験値と仲の良さとチームワークの良さをとことん見せつけられた感じで、世間に知られているわけではないけれどこの人たちのこの能力というのは消してはいけないものだと思いました。たぶん、まだまだな部分はたくさんあるだろうし未熟な部分も数え切れないほどあるんだろうけれど、主演舞台という大きなものを大阪でもしっかりと無事初日までこぎつけてくれたことと怪我なく千秋楽終えてくれたことに感謝です。

やっぱりふぉ〜ゆ〜だと辰巳だなってのは二次元だけではなく三次元でも確認できたのでとてもよかったなと思うのと、改めて踊っているふぉ〜ゆ〜が見たいと思って、きんきこん行きたいなーって。誰か付き合って次いつあるのか知らないけど←

そんな風に思いました。2015年はSnowManもW主演という形ではあったけれど主演を飾らせてもらえて、ふぉ〜ゆ〜の主演舞台も観劇することができて、比較なんてできるものでは全くないけれどふぉ〜ゆ〜にあってSnowManに無いもの、SnowManにあってふぉ〜ゆ〜に無いもの、そんなものを見ることができたのかなぁなんて思っています。2015年、現場終わりがこの舞台でよかった!心からそう思える舞台でした。



ただ2時間休憩なしはお尻が辛かったぜ…